両備地域ケア総合研究所

RYOBI General Research Institute of Community Care

文字サイズ
 
 

概要

 

両備地域ケア総合研究所

設立経緯
両備グループは、介護タクシーや介護者向け観光ツアー企画、車いす対応バスの導入など福祉分野にも取り組んでまいりました。公共交通・生活産業・情報という3分野のコア事業をもつ両備グループでは、介護福祉分野を第4の核として位置づけております。介護施設としては、2000年に介護付有料老人ホーム「サン・オークス倉敷」を開設いたしました。  
将来、超高齢化社会を迎える我が国にとって、介護福祉基盤整備は緊急課題ですが、それに加えて、公共交通基盤・生活基盤・情報基盤の整備を複合的に行うことが、地域(まち)づくりの重要要素と考えております。
当研究所では、グループ100年の歩みの中で培ってきた公共交通・生活・情報分野での研究・知見を、複合学際分野でコラボレーションする研究・調査を行ってまいります。
所在地
〒706-0316 岡山県玉野市沼940-4
研究体制
主席研究員1、上席研究員1、専任研究員1、研究員20、特別研究員1
(2013/1/1現在)
所長
小嶋光信 両備グループ代表
学士(経済学)
慶應義塾大学
研究分野キーワード
福祉介護 教育 地域社会 公共交通 生活 保育 ICT
その他
  • ・本研究所ホームページへリンクされる場合は、あらかじめご連絡くださいますようお願いいたします。
ページのトップへ